妊娠しやすくなるSEX

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%8a%ef%bc%91
Pocket

妊娠しやすくなるSEXについて学んでみましょう。

 

1.妊娠しやすい時期について

妊娠しやすい時期を知るためには、排卵日を知らなくてはなりません。
排卵日は月に1回、卵巣から卵子が卵管に排出され、卵管のなかで精子に出会うのを待ちます。

受精すると、今度は子宮の中で着床するために進んでいくわけですが、
排卵日前後3日間は妊娠しやすいといわれ、
排卵2日前から排卵当日が最も妊娠しやすい時期と言われているため、
その際にセックスを数回行うと妊娠できる可能性が増えるようです。

排卵日を知るためには、まずは基礎体温を付けることが大切です。
基礎体温では、体温が低めの低温期と体温が高めの高温期がありますが、
排卵が正常に行われている場合はこの低温期と高温期が2週間ずつ続きます。
生理不順でない場合には、そういった基礎体温をすることで、排卵日を予測できます。

基礎体温で低温期の終わりから高温に変わるところで起こることが60%、
高温になった日から3日目位までが40%と言われています。

また、おりものも、排卵日近くは生の卵白のように透明で糸を引くようになるため、わかりやすいかもしれませんね。

2.妊娠しやすい体位とは

妊娠しやすい体位は正常位で、おしりの下に座布団などを入れておしりをやや高めにすると、よいそうです。

ただ、子宮の状態によっては、子宮後屈の人は胸膝位、腹臥位がよいそうなので、医師に教えてもらうのが一番良いそうです。

セックス後はお風呂に入ったりシャワーをあびたりしないで、30分位はベッドで寝ていると良いといわれています。

ただ実は体位のことを事細かに言う人もいますがあまり関係ないという人もいます。
フィニッシュのときに、女性が上でない限り問題はないということのようです。

3.妊娠しやすい回数とは

実は、毎日セックスをしたからと言って妊娠率が高まるわけでもなければ、ずっとためておいて排卵日だけを狙うのもダメなのだそうです。

というのも、毎日のセックスでは、精子数は激減しているそうで、正常な人でも元の精子数に戻るには2~3日かかるそうですよ。

精子をつくる力が弱い方は、もう少し日数がかかるそうです。

とはいえ、ためてから排卵日を狙って、というのは、
副睾丸、精管に精子が溜められると、精子を作るのをやめる性質があるため、
精子が老化してしまうので、1週間以上セックスをしないのもNGだそう。

精子の受精可能期間を考え、赤ちゃんを希望されている場合は、
排卵日前後の2~3日に1回を目安に、セックスすることがよいそうです。

もっと詳しく説明すると、セックスは妊娠するということを中心に考えると、やはり排卵日の5週間程度前から度々行うようにしたいものです。

排卵日予定も確実に把握できていれば、その4日前から連続でもセックスをしたいところですがそうもいきません。

それに排卵予定日もなかなか確実に把握はできません。

そこで排卵日予定の1週間ほど前から、できるだけセックスの回数を増やすようにしましょう。

4.オーガニズムを大切に

セックスをしたときに「気持がいい」、「幸福感」、「満足感」などを十分感じられることが重要になります。
このような感情を持つと、視床下部や下垂体から卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモン、黄体形成ホルモンなどが分泌されます。
これらのホルモンこそ妊娠に深く関係します。

そしてこれら受精に直接関係する日のセックスでなくても、いろいろ妊娠に良い影響をあたえるのです。
まず排卵前なら卵子を成熟させる効果があります。
排卵日付近のセックスなら排卵を促す効果があります。
そして排卵後に着床を助けるホルモンでもあるのです。
つまり排卵日にかかわらないセックスであっても、間接的に妊娠を助けるホルモンなのです。

そのために女性がオーガズムに達したり、満足感や幸福感が感じられるようなセックスはとても大切になります。
つまり夫の思いやり、優しさが感じられるセックスが重要だということが言えそうです。

また、女性がオーガズムを感じると、子宮収縮が起こり膣内が痙攣するため、

精子を子宮内に送り込もうとする効果があります。

5.子宮頸管粘液について

排卵日直前になると卵の白身のような透明のおりものが多くなります。

それに増してセックスで女性が感じることで、この粘液がより多く出ます。

酸性の頸管内で酸性に弱い精子が生き抜くには、アルカリ性の強い粘液が多いほど良いと言われます。
粘液がたくさん出るためには、やっぱり男性の優しさや魅力的なセックスが重要になります。

単純に男性目線でテクニックに走らず、ハートに響くセックスを努力してみるといいのではないでしょうか。

6・精子がこぼれないようにする

セックスの後で腰を高くし、逆流をさせないようにしましょう。

座布団などを腰の下に折って敷き、30分ほどゆっくり休みます。

すぐに体を動かさないことと、逆流防止によって奧にとどめると、精子は最大限確保できるはずです。

 7.SEXについてのノウハウもありますが…

妊娠しやすくなるSEXについてのノウハウは、確かにあります。
しかしながら、最も手軽で確実に妊娠の確率を上げる方法は、妊活サプリの活用です。
妊活サプリにも様々なものがありますが、私は、
オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】をお勧めいたします。



Pocket