妊活にサプリは必要なのでしょうか?

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%8a%ef%bc%91
Pocket

妊活サプリ

妊娠したいときにサプリは必要なのでしょうか?

サプリに頼らずに自然の食べ物から摂るのが一番と言う人もいます。
確かに自然なものから摂ることがベストです。

しかし成分によっては、いくら頑張ってもなかなか摂りにくい成分もあります。
また現代の食生活では、なかなか手軽に十分栄養素を摂りにくいということもあります。

妊活サプリに限らずサプリメントは、あくまでも栄養補助食品です。
基本は、日々の食事からきちんとした栄養をバランスよく摂取することです。

特に妊娠したいときは、食事の栄養バランスには十分に気を使うことが大切です。

それでも不足してしまう栄養成分については、
やはり、サプリによる摂取を考えてみるべきです。

 

妊活において重要となる成分をまとめてみました。

日常の食べ物から摂取できるか?
サプリメントを利用して摂取するか?
検討してみていただきたいと思います。

 

マカ

マカは、不妊に良い影響を与えるアブラナ科の植物の根として有名です。

アンデスの高原にしか自生していないもので、
ペルーでは政府が管理しており、根っこの粉末しか海外に輸出されていません。

そのため、マカの摂取が必要と考える場合は、
サプリメントの利用を考えるしかありません。

すべての栄養素が含まれているとも言われているマカは、
強力な滋養強壮剤でもあり特に生殖機能を活発にしてくれる効果があります。

男性は勃起力も高まり、女性は生殖機能が高まります。

妊活中においては、特に男性におすすめのサプリではあります。

 

葉酸

葉酸は厚生労働省でも推奨している妊活、妊娠、授乳に大切な栄養素です。

卵子や精子を作る段階でのDNAの傷やトラブルを減らす効果があり、
障害を軽減することができます。

また健康な卵子や精子を作るだけでなく、着床のための子宮内状態も良くするという効能もあります。

造血に欠かせないビタミンの一種であり、胎児が細胞分裂を活発に行う際にも必要となります。

牛乳、ほうれん草、レバーなどに含まれてはおりますが、
食事だけでは十分に摂取することがなかなか困難ではあります。

現実的には、葉酸と共に必要な鉄分や亜鉛、ビタミンB群などを一緒含むサプリの摂取をお勧めしております。

もちろん妊活サプリのなかには、葉酸以外にも妊娠しやすい体質になるために多くのビタミン、ミネラルなどを配合したものがあります。

 

妊活のための栄養成分について

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、エストロゲンに近い分子構造のため、妊娠しやすい体質つくりに効果があります。

この大豆イソフラボンは、豆腐や豆乳などから摂ることができます。

しかし、食品から摂取することが可能ですがサプリの利用も検討すべきではあります。

下記をご参照ください。
エクオールの高いエストロゲン活性!

実は日本人の2人に1人、欧米人では3人に2人が、
イソフラボンから女性ホルモン様物質エクオールを
産生するために必要な腸内細菌を持っていないことが判明しているためです。

 

フルーツザクロ

フルーツザクロは、妊活フルーツとも言われております。

季節によっては八百屋さんの店先に出る場合もあります。

ザクロは植物性エストロゲンとも言われ、エストロゲンと似た効果があります。

その上ポリフェノールが豊富なので抗酸化作用も高く、妊活には昔から使われていたものです。

 

ヘム鉄

魚や肉に含まれている鉄分です。

特に青魚には多く含まれます。

妊娠を維持させる黄体ホルモンの低下を防ぎます。

日常の食事から摂取可能ではありますが、不足しがちであることも事実です。

サプリメントによる積極的な摂取は、検討に値いたします。

 

ローヤルゼリー

ミツバチの体内でつくられる女王蜂のための特別食です。

ストレス解消、冷え性解消など不妊原因を改善します。

これは、通常の食事から摂取することはできません。

一方で、妊活栄養素として「必要不可欠」と断言されるものでもありません。

 私のお勧めする妊活サプリ

妊活サプリにも様々なものがありますが、私は、
オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】をお勧めいたします。



Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*