%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%8a%ef%bc%91
Pocket

マカの歴史

マカはペルーのアンデス山脈の海抜4,000mのところに植生するアブラナ科の植物の根の部分です。

「完全食」ともいわれるものでビタミン、ミネラルなど生きていくために重要な栄養素が豊富に入っていると言われています。

ペルーではマカの輸出は粉末のみとして、政府がすべて管理するというかたちをとっています。

マカはインカ帝国の宝とも言える植物なのです。

特に、滋養強壮効果が高く、生殖器の機能回復効果が高いと言われています。

 

マカの成分

【特徴的な成分】
・ベンジルグルコシノレート
・アルカロイド
・サポニン
・ポリフェノール

【アミノ酸】
・アルギニン
・グルタミン酸
・アスパラギン酸
・グリシン
・アラニン
・セリン
・プロリン
・サルコシン
・ギャバ

【必須アミノ酸】
・ロイシン
・バリン
・フェニルアラニン
・リジン
・イソロイシン
・トレオニン
・ヒスチジン

【ミネラル群】
・カルシウム
・マグネシウム
・ナトリウム
・亜鉛
・マンガン
・鉄
・カリウム
・銅

【ビタミン】
・ナイアシン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC

マカには、妊活に欠かせないビタミンB1、B6、B12 ……や鉄分、カルシウム、亜鉛などのミネラルがすべて含まれています。

「マカは妊活に欠かせない」と言われております。

 

マカの妊娠に関係する効果

マカには、エストロゲンと同様の働きをする「アルギニン」が含まれており、女性ホルモンのバランスを整えてくれるのです。

すなわち、女性ホルモントラブルの多くは、エストロゲンの減少によって起こると言われています。

マカがアルギニンを含んでいるため、エストロゲンの作用を補い、2つのホルモンのバランスを整えることができます。

それによって生理不順や生理痛なども改善されます。

自律神経の乱れを改善する効果があるため体全体の調整が行われます。

ビタミンEなどによって血行が良くなり冷え性も改善されます。

ホルモンなどの調整によって基礎体温も安定してきます。

マカは自律神経を調整することから鬱病に高い効果があると言われています。

ストレスを抱えている女性は不妊の原因にもなってしまいますが、このストレスを緩和してくれます。

ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムなどがストレスに強い体をつくります。

必須アミノ酸やビタミンによって、免役低下改善、疲労回復、アレルギー改善などの効果により低体温症も改善されます。

亜鉛により、生殖能力がアップします。

アルギニンによれば、女性の生殖機能がアップし、男性の精子の量がふえます。

アスパラギン酸によれば、疲労回復効果、精力減退の改善が得られます。

睡眠不足改善にも高い効果があると言われています。

ストレスやホルモンバランスの乱れ、冷え性、栄養の偏りなどから起こる便秘解消にも効果があります。

マカには上記のような効果があるため、妊活にマカを取り入れている人も多いようです。

妊活は男女双方の問題ですから、双方の生殖機能アップすることにより、妊活効果はさらに高まります。

 

マカが配合されている妊活サプリ

妊活サプリにも様々なものがありますが、マカが配合された妊活サプリとしては、
オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】をお勧めできます。



Pocket